オタマジャクシの尾は 「免疫拒絶」 で消える? 新潟大チーム解明

 オタマジャクシがカエルになる時、尾が縮んで消える新しい仕組みを、新潟大の井筒ゆみ助教(発生生物学)らが発見した。尾が体内で「異物」と認識され免疫反応により拒絶されて消失する。生物の免疫機構の新しい役割を示した。今月、米科学アカデミー紀要で発表した。

オタマジャクシ:尾は免疫拒絶で消える 新潟大チーム解明



 研究チームはアフリカツメガエルの成体(カエル)にオタマジャクシの尾の皮膚を移植した。2匹は遺伝的に全く同一で、自分の皮膚を移植したのと同じなのに、拒絶反応が起きた。同様の移植を繰り返し、カエルの体内にオタマジャクシの皮膚に対する「抗体」を作らせ、それをもとに拒絶反応を起こす「抗原」の遺伝子2種を特定。いずれもオタマジャクシの皮膚にある未知のたんぱく質だった。

 2種とも、ふ化直後のオタマジャクシには存在せず、生後30日目ごろから尾だけで発現。50日目くらいに最大になり、約60日目で消えた。アフリカツメガエルは、約60日で成体になる。たんぱく質の発現期間は、オタマジャクシの尾が消える期間と一致した。

 このたんぱく質は、体内で作る自前のものなのに、免疫機能により異物と見なされるのが特徴で、これらが発現した尾は異物として破壊され縮んでいく。発現を止めると尾が残ったカエルになり、過剰発現させるとより速く尾が縮むことも確認した。井筒助教は「生物の体ができあがる過程に免疫機能が働いていることを実験で初めて証明できた。胎児の体にだけある組織がなくなる仕組みなどの解明に役立つだろう」と話している。

侮日新聞
http://mainichi.jp/select/science/news/20091021k0000e040051000c.html





2 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 15:14:22 ID:EYbqOhLB
蝶の羽とかと一緒?アポトーシスとかなんとか?


7 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 15:22:50 ID:f+VeIKYs
上手くすりゃクローン作る時、特定の臓器以外壊死させるとか、そういうことが出来るってことだろ?


9 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 15:29:07 ID:9Qi2RkAB
盲腸なんかそうなんじゃないの?

44 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 19:59:25 ID:+sJE7AmM
>>9
盲腸は実は無駄じゃないことが発覚した、腸内細菌の退避路みたいなものらしい。
盲腸が無い人が水の悪いところに行くと下痢しっぱなしだけど、盲腸があると復帰が早いとか。



10 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 15:29:31 ID:XGInJ8YR
これは大発見だろ?

12 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 15:38:01 ID:YSuM9/79
オタマジャクシの尾は大学の講義でアポトーシスの例として教わったんだけど、自滅じゃなくて健康な尾の細胞が免疫に殺されるってことなの?

13 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 15:39:49 ID:E/0Vmd0z
>>12
そうなるな、四足動物の指なんかとは違う経路ってことになる。



14 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 15:42:58 ID:RVLLFmaH
アポトーシスはネクローシスをコントロール。


15 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 15:43:16 ID:RoKl3NIN
チンコの余った皮を任意でポロッと外せる方向に。

17 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 15:47:10 ID:kwnGVHmD
>>15
間違ってチンコがポロっと外れたらどうする?


19 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 15:50:05 ID:DsAgprhj
>>17
大きいの作ってもらう。



22 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 15:55:04 ID:Cs5EJIgD
なるほど、アポトーシスは細胞の「自殺」で、今回のものは他の細胞に仲間と認識されなくなって他の細胞によってやられる「他殺」というわけか。


21 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 15:51:58 ID:HbyI10OW
ということは、中二病が治らない大人は免疫不全って事か…


24 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 16:29:41 ID:rF/DJolL
誰か北斗の拳か、サザエさんで説明してくれ。

25 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 16:31:51 ID:cVMUV+vU
>>24
余計、ややっこしいだろ。



26 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 16:33:44 ID:T4I3RPhJ
免疫が攻撃する"目印"をガン細胞につける方法は以前から研究されていただろ?


28 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 16:38:56 ID:xRZkPv71
将来、意図的免疫不全でいろんなものが生えた人間が生まれてくるな。


29 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 16:52:57 ID:/iuwUMfK
人間でも同じ仕組みが働いてるところもあったりするのかな?どこかで地味に重要な機能として働いていたりして、その異常が、いくつかの自己免疫疾患の関わってたりとか。


30 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 17:00:26 ID:WBC7ZdTN
オタク マジシャンに見えた…


31 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 17:06:23 ID:r7iY9erh
裏筋には線がある、あれはマムコが消滅した名残?

36 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 17:36:44 ID:XGInJ8YR
>>31
マムコが閉じた名残、あとクリがデカくなってチンコに変身。



32 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 17:17:12 ID:o5DwkZ7M
生まれながらに持っている物が免疫によって殺されるとは…


33 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 17:17:54 ID:2Gz3Gd3E
これを応用して、人体の四股などを異物と認識させる生体兵器作れば儲かるな。

34 :名無しのひみつ:2009/10/21(水) 17:20:57 ID:ToZk33XW
>>33
チンコに使えば、民族浄化が楽々進行するアルね。



47 :名無しのひみつ:2009/10/22(木) 02:15:51 ID:vx4I5zTN
オタマジャクシの頃は再生能力があって、カエルになると再生能力が無くなるんだよな。


48 :名無しのひみつ:2009/10/22(木) 03:27:11 ID:/5xB6TiO
節足動物の変態機構なんかだと、これ以上に未発見の現象が隠されてそうだ。


49 :名無しのひみつ:2009/10/22(木) 03:53:50 ID:UkPkIjgq
節足動物→両生類→爬虫類→哺乳類と変わるにつれて、どんどん驚くべき能力が減っていくようだ。

53 :名無しのひみつ:2009/10/22(木) 08:18:57 ID:5SatsFaH
>>49
その代わり、新しい能力を手に入れてる。
それより 節足動物→両生類 の部分は魚類の間違いだよな?このうっかりやさんめ。



50 :名無しのひみつ:2009/10/22(木) 04:19:28 ID:Q8zMSeOJ
こんなんもっと前から知られてなかった?アポトーシスとかナントカ?

54 :名無しのひみつ:2009/10/22(木) 09:10:17 ID:/5xB6TiO
>>50
プログラム細胞死には違いないしアポトーシスと言えるんだろうが、その引き金に自己免疫を使っているのが発見って事だろう。これ、自己免疫疾患の難病治療にきっかけを与えるんじゃないのか。



55 :名無しのひみつ:2009/10/22(木) 09:20:10 ID:TBR03c9G
この免疫拒絶を弄くれば、尻尾つきカエルの誕生なのか?

56 :名無しのひみつ:2009/10/22(木) 09:31:19 ID:L6CG5mVI
>>55
>>1で既にやってる。



58 :名無しのひみつ:2009/10/22(木) 10:00:07 ID:nY+Qvok/
尾だけがボロボロになって壊死して、本体まで死んだりする事無しに綺麗に無くなるのは凄いね。

61 :名無しのひみつ:2009/10/22(木) 11:20:02 ID:/5xB6TiO
>>58
「先から・外から」正確に範囲と順序がコントロールされてるんだろうな。「元から・中から」始まっちゃったら具合が悪いだろう。プログラム細胞死全てがそうだと思うけど、物凄く精密だ。



60 :名無しのひみつ:2009/10/22(木) 10:42:21 ID:UOKgRNtS
免疫ちゃんはシッポをどう認識してるんだろう?

61 :名無しのひみつ:2009/10/22(木) 11:20:02 ID:/5xB6TiO
>>60
乱暴に言えば癌化細胞と同じだろうな。遺伝子損傷で放出されたチトクロムがカスパーゼ連鎖を呼ぶ様な。それを遺伝子変異やウイルスにやられる代わりに自分で「偽の悪者」を作り出してるみたいなもんじゃないのか。「刑務所に入りたいから犯罪起こしました」みたいな話だな。


69 :名無しのひみつ:2009/10/25(日) 10:07:00 ID:f1mlbnGq
>>60
次の研究はソコだよね。どんな物質で切り取り線引いてるのかって、また線上にどうやって定着させるのかも興味深い。



62 :名無しのひみつ:2009/10/22(木) 12:11:33 ID:8RU+uevK
切れた尾が再生するのとは、全然違うメカニズムなのかね。


63 :名無しのひみつ:2009/10/23(金) 08:05:06 ID:g4AyWwxp
結核で肺に空洞が出来るのも、結核菌の細胞表面が人体の肺組織の細胞表面に酷似しているために、人間の免疫機構が肺組織を攻撃破壊するのだとか。


64 :名無しのひみつ:2009/10/23(金) 09:49:43 ID:i4JZ5aiS
免疫って難しいよな。

67 :名無しのひみつ:2009/10/25(日) 04:04:09 ID:AgWIG7AX
>>64
多田富雄「免疫をやっている奴に馬鹿はいない」



70 :名無しのひみつ:2009/10/26(月) 05:57:50 ID:J1VGZ0vY
人間の歯の生え変わりはアポトーシス?

71 :名無しのひみつ:2009/10/27(火) 03:28:33 ID:HwHWp3vG
>>70
違う。



関連動画



関連エントリー
“痕跡器官”とされた脾臓の役割解明  虫垂は善玉菌の貯蔵庫?
太陽の位置を測る 「第3の目」 頭頂眼  トカゲで実証、人にも痕跡
奇形カエルは、魚を宿主とする「イカリムシ」が原因か?(微グロ)
ヤモリの切れた 「尻尾」 は、最大で30分間 極めて複雑な動きを持続する

どうしても付き合いたい女性がいるあなたへ
この方法を実行してみてください。3分後に彼女の反応が変わります。
オススメ!!
関連記事

コメント

名無し隊員さん

人間の四股をなくしてどうしたいんだ
そんなに相撲が嫌いか?

名無し隊員さん

ほー…
てっきりアポトーシスかと。。

名無し隊員さん

意外や意外かなりすごい発見
カエルのしっぽなんて幼稚園の頃に教わるような話だから
とっくに全容解明されてると思ってた

名無し隊員さん

しっぽの組織に何らかのタグが付けられるのか、
またはしっぽを認識する免疫系が新たに作られるかかな。
前者の気がする。

名無し隊員さん

前者でしょう、>>1に書いてある。

名無し隊員さん

現象そのものはアポトーシスだろ。仕組みの話をしているだけだ
知ったような顔する前にちゃんと記事嫁

名無し隊員さん

【ケツが】尾が取れる時期のケツ痒いあの現象に名前つけようぜ【痒い】(224)

名無し隊員さん

研究が進めばコナンくんが元にもどれるわけですね
わかります

名無し隊員さん

三点尻尾・・・私は拒絶するっ

名無し隊員さん

なんか痒そう

名無し隊員さん

人間は進化の過程でそれまでのすべての設計図を遺伝子の中に内包してると言うが
エラとかシッポが発現しないよう抑えてるのもこの作用なのかな?
(たまにエラー出て生えたりしてる人いるよね)

名無し隊員さん

> オタマジャクシがカエルになる時、尾が縮んで消える新しい仕組みを、
>新潟大の井筒ゆみ助教(発生生物学)らが発見した。

なんか日本語おかしいな
「新しい仕組み」を「発見」したんじゃなくて、「元々そうだった仕組み」を「解明」したんだろ

名無し隊員さん

でも「アポトーシス」としたら違うじゃない、やっぱりそう言っちゃ駄目よ

カツヲが勉強できないのかの問題と
宿題しないのかの問題くらい違う
更に言えば勉強しなくて出来ないのかそもそも勉強できない生物なのかくらいの問題じゃないかと思う

名無し隊員さん

サザエさんで説明しやがった

名無し隊員さん

慢性的に下痢気味なのは盲腸切ったせいなのか・・・

名無し隊員さん

10777
なるほど…

名無し隊員さん

人間で実験してもらいたいなぁ。中国辺りなら可能なんじゃないかと思うんだが。

名無し隊員さん

不思議だな・・・・

あれ、なら免疫不全症候群の生物は、発生においてなくなるべき臓器があるってことか?
ヌードマウスとか

名無し隊員さん

細かいこというと免疫系の拒否反応も
cTcellがアポトーシス誘導を起こしてるんだけどね

名無し隊員さん

SUGEEEEEEEEE!!!!!!!!!!!!!!!!!
かなり凄いのにみんなの反応が地味だ・・・
非公開コメント