サルの鳴き声に「文法的規則」を発見

 アフリカの熱帯雨林に住むキャンベルモンキー[オナガザル科]は、音を言葉にする文法的な規則を用いて、同じ鳴き声を、さまざまな方法で組み合わせているようだ。

CropperCapture[695]



 仏レンヌ第1大学のAlban Lemasson氏は、「動物のコミュニケーションにおいて、動物は異なる鳴き声を意味論的に結びつけて新しいメッセージを作り出すことができるという証拠が見つかったのはこれが初めてだ」と話す。「これが人間の言語と強い類似性をもつものなのか、そこに主語や目的語や動詞が見つかるのか、私にはわからない。とにかくキャンベルモンキーは、意味をもった単位を結合して、別の意味をもった連なりを作り、その結びつけ方にはルールが認められる」

 Lemasson氏らの研究チームはすでに、11月に発表された論文において、キャンベルモンキーが特定の意味で用いる鳴き声について書いている。この論文では、キャンベルモンキーが出す音の基本要素と用途が詳細に説明されている。例を挙げると、「hok」はワシ、「krak」はヒョウ、「krak-oo」は「障害」(disturbance)を示す一般語、「hok- oo」と「wak-oo」は森林の林冠における障害の一般語だった。第6の鳴き声「boom」は、移動のために群れを集める、近隣の群れと言い合いをするなど、捕食とは違う文脈で用いられていた。

 この研究はそれ自体で印象的なものだが、まだ「一次元的」な研究であり、人間以外の霊長類から鳴禽類まで、さまざまな動物の声に認められている基本的表現とさほど違いがなかった。一方、12月7日(米国時間)の『米国科学アカデミー紀要』(PNAS)で発表された最新の論文では、はるかに複雑なものである統語法(syntax)、つまり、語の連なりと文の構造に関する規則について書かれている。

WIRED NEWS
http://wiredvision.jp/news/200912/2009121023.html




3 :名無しのひみつ:2009/12/11(金) 16:14:34 ID:7u1Jon0r
サルと話せる日が来るのか?

4 :名無しのひみつ:2009/12/11(金) 16:17:21 ID:VeclEOKo
>>3
アメリカなんか、進んでるよ?大統領がチンパンジーだから。

5 :名無しのひみつ:2009/12/11(金) 16:23:00 ID:sQMUvJKP
>>4
日本だってつい最近チンパンジーが首相だったじゃないか。
今年は鳩になってたけど…

31 :名無しのひみつ:2009/12/12(土) 17:06:00 ID:+DA9cYLB
>>5
でも、日本の鳩は一貫性のある発声はできないみたいだな。
意図が伝わるだけサルの方が上だ。



8 :名無しのひみつ:2009/12/11(金) 16:42:54 ID:76VaDMiI
krak-oo、流行語大賞の有力候補だな。

9 :名無しのひみつ:2009/12/11(金) 16:51:18 ID:1ORP29pC
ドリトル先生呼んでこなきゃ…


12 :名無しのひみつ:2009/12/11(金) 17:49:46 ID:wBZ0Ng5q
サル語の意味は理解できても、サルとの会話は成立しない。サル社会に関する会話はできても、それ以上の会話はできない。「そこにヒョウがいるぞ、気をつけろ」とサルに話しかけることはできても、「この車カッコイイだろ、どう思う?」とサルに聞くことはできない。

なぜなら、サルはサル社会に存在しない概念を持たない(だろう)から。サル語での単語がなければ、サルには伝える術がない。サルの側が新しい概念を学習しないことには、どうしようもない。

だから、意志の疎通ができても、たいして面白くはないだろうな。

15 :名無しのひみつ:2009/12/11(金) 22:56:29 ID:uhUkfTTM
>>12
女の話でもしたらいいんじゃない?

16 :名無しのひみつ:2009/12/12(土) 04:36:58 ID:l7EULm7o
>>12
酒、タバコ、女、ギャンブルだけが生きがいの人と話すつもりなら余裕だろ?

18 :名無しのひみつ:2009/12/12(土) 06:39:53 ID:N8RjJlrV
>>12
人間の脳をMRIで観測しても、その記憶はその人の経験に対する概念、記録ってことで、体験していない人にその意味を理解はできないって話だな。



14 :名無しのひみつ:2009/12/11(金) 21:12:55 ID:tOQ9pyQg
ヨーロッパ人が言いそうだなー思たらやっぱな、しかもフランスかい。


19 :名無しのひみつ:2009/12/12(土) 07:11:44 ID:h/DNcwsd
全然明らかになってないし実証もされてない件について…


28 :名無しのひみつ:2009/12/12(土) 16:39:09 ID:H3+6eP3k
カラスのゴミ漁りの時なんかに、泣き声で注意喚起とかしてるじゃん。



30 :名無しのひみつ:2009/12/12(土) 16:54:16 ID:ep0ZaVMY
鳩の鳴き声に、一貫性が無いことは分かってるぞ。


33 :名無しのひみつ:2009/12/13(日) 00:15:59 ID:q9H7qTTH
犬語も分析して欲しい。

34 :名無しのひみつ:2009/12/13(日) 01:37:27 ID:zH1YZU2G
>>33
人間が犬語を話す場合は、上着の裾を尻尾代わりに振るんだそうだ。



36 :名無しのひみつ:2009/12/13(日) 10:09:14 ID:c9XLHwU0
この研究は何の役に立つの?何に応用できるの?

37 :名無しのひみつ:2009/12/13(日) 20:23:00 ID:06bRouYw
>>36
ウッキリンガルが造れます。



39 :名無しのひみつ:2009/12/14(月) 05:48:59 ID:lkHPaU4s
>「hok」はワシ
なんとなくhawkの語源な気がしてきた、根拠は無いがw


40 :名無しのひみつ:2009/12/14(月) 07:42:14 ID:fElVsl5+
猫の鳴き声は要求じゃなくて感情を出してるんだと聞いた。「おなかすいた」「寒い」「ここ出たい」etc…
であって、「飯よこせ」「ヒーターつけろ」「ドア開けろ」と言ってるわけではないらしい。


41 :名無しのひみつ:2009/12/15(火) 14:04:04 ID:z9QENvnZ
爪で黒板を引っかくとサブイボ立つのは、猿の警戒音に似ているから、という説があるな。
太古の記憶が呼び覚まされているという…真偽は知らん。

関連動画
関連記事
スポンサーサイト



コメント

中の人◆OZ3bFThwrE
( ФωФ)y~ 用事があるので早めに更新。

名無し隊員さん
一応ヒトなんだろうけど話通じんヤツもおるしなー

ヒトモドキには通じるらしいがのー

名無し隊員さん
やばい。卒論の内容と矛盾している…。
あぁああ…

名無し隊員さん
動物は単純な記号的信号は発せても、
文法を使いこなすようにはならない
単語を多少扱えるチンパンジーでも、
いくら練習したところで受身文や疑問文をマスターすることは永遠にできない

って、「言語の脳科学」(酒井邦嘉)には書いてたんだけどなぁ
また有力説が引っくり返る時が来るんだろうか

名無し隊員さん
猫や犬の鳴き声もなんとなく考えてる事が分かるし
猫同士でにゃんにゃん会話っぽいことをしてたりもするし

動物の鳴き声にコミュニケーション用としての意味があるなら
それは人間の持つ言葉に比べて劣るツールなのではなく
言語という物がコミュニケーション用としては複雑化しすぎているのかもしれない
そんな気がしてきた

名無し隊員さん
>>12が言いたいことは、語彙だな。

途上国が途上国なのは、語彙が少なく専門(特に西洋)を語ろうとすると、
みーんな、ルー大柴語になる。

名無しさん
>>12846
あー。ホルホル言われるけど
日本で英語が普及しにくい理由は
初期にそういう言葉を翻訳しまくったんで
自国語で高度な概念を表現も理解もできるから、だっけか。
無駄に横文字文化になってる現状はかなり終わってるよなー。

名無し隊員さん
12847
GHQ世代は、なんもかんも欧米マンセーしてるんで
日本語に直す作業をしなかった。

今からでも省庁造ってやるべきなんだけど…
マスゴミがわけわからん和製英語広めてるんだよな。


ホームページしかり

名無し隊員さん
つーことは日本ザルと外国の猿は猿言語が違うんだな
日本の猿でもちょこちょこ違うだろうから
日本猿語方言分布とか調べて博士論文とかで発表したら表彰レベルなんじゃないか?
誰かやれよ

   
shin-guoh

ちょっと古いかw

名無し隊員さん
さすがフランスは大統領がサルコジだけあって研究が早いな

名無し隊員さん
「ライオンに言語があったとしてもわれわれには理解できないことだろう」ヴィトゲンシュタイン

名無し隊員さん
必死なカラスかわゆすなあ

名無し隊員さん
12846
ちょっと違うんでない?
語彙ではなく、「ことば」が指す対象たる共通概念だと思う。
外来語でも、その表記たる「ことば」はカタカナでも、指す概念は日本に定着してるからこそ
それを用いて会話できる。
それはその「ことば」に結びつく概念(に対応する事物)が、日本にも存在するからだ。

猿と人間じゃ社会が根本的に異なるので、社会生活で獲得され得る概念がどうしても異なるから
外来語(人間語)でも意味を対応させることができない部分がある。
「学歴」って、学校という制度が存在する人間にとっては意味を有する概念として理解できるけど、
猿にとっては学校という制度やそれによる評価という社会慣行がないので理解しようがないから、
意味をもった「ことば」として会話の手段とはできない。

12の言いたいのはそんな感じじゃないかな。
12846のミスリードだったらごめん。

そして長文失礼しました。

単語だけ抜き出して人間のような文法の有無を調べてるみたいだけど
たぶん無意味でしょう
声の高さ大きさ長さなどで複雑な情報をやり取りしてるかも
敵までの距離敵の速さなど
つまり声色が形容詞副詞などの役割を果たしてるかも
プレーリードッグはそれらの他に色まで伝えられるらしい。ネズミのくせに

名無し隊員さん
チンパンジーレベルだと、文法や単語の概念的把握はできるし、新しく覚えさせることもできる。サルでもあっても不思議はない。
ただ、それだけで人と同じクラスの言語的コミュニケーションができるわけではない。覚えられる単語や構文の数の問題や、計算能力の問題があって、限界はかなり低い。

みたいなことをどっかで読んだ。

名無しさん
リアルソロモンの指輪が出来る日も近いな

     
東北の猿「ウッキー!ウキキッ」

猿「標準語で喋れよ、何いってんだかわかんねぇよ」

名無し隊員さん
去年カラスが横断歩道渡るの見た

  
言語のすごいところは、概念の自己増殖性にあると思う。
でも概念の自己増殖を促すには、見たままをことばにするのでは
足りない気がする。

見たままをことばにし、外界から引きこもり、外界を見ないで
単語の組み合わせを考え、新しい組み合わせで外界で
まだみたことのないもしくは概念になっていないが見た時のあるものを
組み合わせのそれにより認識する。

そして、またこの組み合わせをもとに外界の森羅万象から言語的な
視野から発見できる組み合わせの妙義を習い、さらに引きこもった時の
新しい概念の創造に役に立てる。

そして、それが繰り返されていき、さらに受け継がれていくことにより
文化として発展していく。

ということで、文化の発展には、適度な外界との接触とタイミング、
適度な引きこもりとそのタイミングが必要だと思う。

よって文化を紡ぎだす人類には引きこもりは必要である。

「だからかーちゃん、おれゆるして。」

名無し隊員さん
外にでなきゃダメじゃんw
非公開コメント