「樹状細胞」を使った新たな免疫療法 3人に1人のがん進行抑制 信大付属病院

 信州大付属病院(長野県松本市)が、手術などでは治療が難しいがん患者を対象に、免疫細胞の司令塔とされる「樹状細胞」を使った新たな免疫療法を施したところ、3人に1人の割合でがんの進行が抑制されたことが分かった。副作用も少なく、同病院分子細胞診療室の下平滋隆室長は「がんの標準的な治療法にしたい」と話している。

20101501_01.gif



 がん治療は手術、抗がん剤などの化学、放射線の3つを組み合わせた療法が基本だが体への負担や副作用が懸念される欠点がある。

 同病院は2008年11月から、症状が進行し他の治療が難しい患者に樹状細胞療法を実施。10代から70代の男女30人に施した結果、10人程度にがんの縮小や進行を抑えるなどの効果が見られた。胃がんの50代男性、卵巣がんの50代女性の2人からはがん細胞が完全になくなったという。

 ただ、この治療法は実績が少なく公的医療保険が適用されないため、患者の費用負担が重いのが課題。同病院は治療効果を証明するデータなどをまとめ、保険適用が認められるようにしたい考えだ。

  樹状細胞療法  樹状細胞は人間の体を病原菌などの外敵から守る免疫細胞の一種。がん治療では患者の体内から樹状細胞を取り出し、がん組織をそれに与えたり、がんの目印を人工的に持たせたりしてがん細胞を外敵と認識させる。その後体内に戻すと樹状細胞はほかの免疫細胞に指示を出し、がん細胞を攻撃させる。

中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2010010602000112.html





3 :名無しのひみつ:2010/01/09(土) 23:45:15 ID:1Rwf3M6o
癌細胞の抗原を与えなきゃいけないんだよな、設備の整った病院じゃなきゃ難しそうだな…


10 :名無しのひみつ:2010/01/10(日) 01:26:39 ID:QGzLYs42
NHKのサイエンスアイでニューセルについての特集見たのが懐かしい、もう何年前だろう?

癌細胞のレセプターは隠れてるから免疫系が作動しない。そこで患者の癌細胞と樹状細胞を体外で組み合わせニューセルを作成体内に戻す。するとがん細胞を破壊する免疫機能が作動するとか何とか…


11 :名無しのひみつ:2010/01/10(日) 01:31:32 ID:Egs+HgHO
理論上は完璧なんだが、実際には3分の2で働かない仕組みは科学的とは言えないかも。

13 :名無しのひみつ:2010/01/10(日) 01:54:41 ID:QGzLYs42
>>11
まあね、俺もここ数年の「樹状細胞」の進展は聞かない。

アメリカと日本がデッドヒートで研究してたが、なぜかアメリカは撤退。樹状細胞の採取が上手くいかないとか噂があるけど詳しくは知らない。今は「癌ワクチン」の開発、研究に日米の主戦場は移ってる。



14 :名無しのひみつ:2010/01/10(日) 02:08:36 ID:QGzLYs42
信州大付属病院には頑張って欲しいね、免疫療法はATK活性法とニューセルしか知らん。

癌ワクチン」は各内臓、そして人種ごとにワクチンの型が違うから、アメリカ製の「癌ワクチン」は日本では役に立たない。日本の「癌ワクチン」開発は遅れそうだから樹状細胞の成果に期待したい。

16 :名無しのひみつ:2010/01/10(日) 15:29:59 ID:3V16yTG/
ほとんど脅迫のような勧め方で、抗癌剤治療を受けざるをえない現在の医療は、受ければ受けるほど医療不信になってきます。樹状細胞療法や癌ワクチンのような、副作用の軽微な治療法が選べるようになりますように。

18 :名無しのひみつ:2010/01/10(日) 19:13:34 ID:lSXtSl01
>>16
効果がハッキリしないものは選択肢として選べないのでは?数年すれば明らかになり、それ以後の患者はその治療法が広く、使われるようになるかもしれないけど自分の発症と前後するのはもう運命としか…

20 :名無しのひみつ:2010/01/11(月) 02:25:07 ID:ltDCy+hj
>>18
細胞を用いた技術ってのは不安定で実用化は難しそう、iPS細胞に続く夢のような治療法だと思うけどね。これ実用化されちゃうとDDS研究してる企業や研究室はつらいね。



17 :名無しのひみつ:2010/01/10(日) 18:57:50 ID:5jZYnR4F
この分野に詳しい人に教えて欲しいんだが…樹状細胞とNK細胞はどちらが癌に効くの?
ANK療法ってあるじゃん。

26 :名無しのひみつ:2010/01/11(月) 13:11:50 ID:y/S1xV/1
>>17
どっちもなにも、NK細胞はクリニックでしかやってないし樹状細胞使った治療は始まったばかり。
詳細なデーターがないから比較むりじゃね?

ANK療法はATKと同じで、リンパ球を活性させる方法だから同じ免疫治療でも樹状細胞とは少し違う。



19 :名無しのひみつ:2010/01/10(日) 19:32:01 ID:YzaiPsCg
樹状細胞って用語、昔あった?20年以上前は無かったような気がする。

29 :名無しのひみつ:2010/01/11(月) 15:01:09 ID:6OutwNWL
>>19
一応19世紀から存在は確認されてた。顕微鏡で組織を見てみたらこんなんいました程度だけどな。

樹状細胞と名付けられたのは1973年。でも命名したラルフ・スタインマンがアルバート・ラスカー基礎医学研究賞を受賞したのが2007年だから、20年前にはまだまだ無名だな。



21 :名無しのひみつ:2010/01/11(月) 02:27:52 ID:ltDCy+hj
> がんの進行が抑制されたことが分かった。

根本的な治療法って訳じゃないのか。本題とはずれるけど、もしiPS細胞実現されたら、ガン化された部位切除→iPS細胞埋め込み→発生→再生って流れで上手く治療できるのかな?

24 :名無しのひみつ:2010/01/11(月) 12:08:34 ID:hzxo5DOd
>>21
iPS細胞埋め込み→発生→再生→癌化。
今のところ、こうなる可能性があるのでどうやってがん化を抑えるのかが課題。

25 :名無しのひみつ:2010/01/11(月) 13:05:34 ID:FuMMgzES
>>21
癌細胞の数が多いと「悪党沢山なのに保安官は一人」状態でなかなか免疫力だけでは厳しいそうな。

でも治検だと「他に有効な治療方法のない人」が対象になりがちで、そういう患者さんは癌は進行していて免疫力は化学療法で、クタクタになってるとかでなかなか成績として確認するのが難しいらしい。

というわけで将来的には免疫療法は再発予防に効果的だろうと思ったりする。

38 :名無しのひみつ:2010/01/12(火) 02:35:57 ID:TpN387t2
>>25
治験の仕組みに問題ありか、だからと言って健康な人を対象にできないだろうしな。
CROと組んでどうにか出来ないものか。

保険対象外ってのはネックだな、ただでさえ精神的負担の大きい癌患者に金銭的な負担負わせんなよ。
お金を使うならこういうところに使って欲しいもんだ。



23 :名無しのひみつ:2010/01/11(月) 03:10:25 ID:ourm0ISz
九州久留米大学で研究中の癌ペプチドワクチンとかはどうなるのかな?


27 :名無しのひみつ:2010/01/11(月) 13:31:11 ID:y/S1xV/1
ANK療法はセガの前会長が末期ガンでやってたな。

リンパ球活性化のために全血液を交換して1ヶ月間の高熱に耐えたとか、お陰で3年間存命に成功。
(やっぱり完治したければ何にせよ早期治療に限るね、末期だと免疫療法でも完治の確率は下がる。)

30 :名無しのひみつ:2010/01/11(月) 22:01:05 ID:xlwILNDy
>>27
ANK療法って全血液を交換するの?
ホームページ見た感じだと、少しだけリンパ球とってきてNK細胞を増やすようだけど。

43 :名無しのひみつ:2010/01/12(火) 19:53:30 ID:ImU+xEYc
>>30
少ししか知らんが一定のリンパ球を確保するまで採血する、セガの会長の場合は相当の量を採血した。医者が見放した末期状態だしね。当時の経済界では奇跡の生還と話題になった。

44 :名無しのひみつ:2010/01/13(水) 01:37:02 ID:l7DK5Cjh
それで三年の余生手に入れたのか…まあ貴重だよな。



32 :名無しのひみつ:2010/01/11(月) 22:33:21 ID:TuJPPIkO
進行済みの癌の1/15が完治って、凄くね?


34 :名無しのひみつ:2010/01/11(月) 23:03:21 ID:bH2boqeO
進行抑制って、命が伸びるのと同義語じゃないよ?こういう報道は気をつけてね。

35 :名無しのひみつ:2010/01/11(月) 23:18:55 ID:TuJPPIkO
>>34
「癌細胞が完全になくなった」が読めないの?

36 :名無しのひみつ:2010/01/11(月) 23:44:22 ID:mljSMD7O
「癌細胞が完全になくなった」って書いてあるけど、完全に無くなったなんていうことは不可能だよね。
一見癌が無くなっても再発することも当たり前だし。

39 :名無しのひみつ:2010/01/12(火) 02:37:50 ID:TpN387t2
>>36
確かに完全になくなったのではなく、検出できないぐらい小さくなったってことなんだろ?

40 :名無しのひみつ:2010/01/12(火) 05:01:42 ID:tAgn5ri9
>>36
ネガキャンに必死だけど製薬会社の中の人?手術で摘出して一見癌が無くなっても転移してたってのはよくあるし、癌でもなんでもない人が癌を発症するのと同程度の再発の可能性は当たり前にあるさ。



37 :名無しのひみつ:2010/01/12(火) 02:24:17 ID:4OyKlkOK
凄いなこれ、抗癌剤でここまでの効果がある薬は無いぞ?しかも副作用が無いってのが凄いわ。


45 :名無しのひみつ:2010/01/14(木) 09:51:24 ID:ZeUWVY49
樹状細胞療法って癌ビジネスクリニックとかあちこちでやってるのに成果でてない。
なんでここのだけこんなに効果でるの?

46 :名無しのひみつ:2010/01/14(木) 18:38:42 ID:zUkzxTFl
>>45
実は樹状細胞じゃないものが混じってるだけだったりしてなw

そもそも、樹状細胞はガンを攻撃できないし。体内に入った樹状細胞がCTLを作るだけだから、効果は既存のCTL療法と全く変わらないと思う。詳しい人、その辺どうよ?

50 :名無しのひみつ:2010/01/15(金) 14:34:20 ID:r8XH7LVO
>>45
樹状細胞を使う本格的な医療施設っていったら世界で2箇所だけ、信州大付属と共同研究してたアメリカの大学機関だけ(大学名忘れちまった、すまん)クリニックとはやり方違うんじゃないか?

NHKで見た感じ、かなりいけると思ったけど問題が二つ。
1.開発主任の教授がかなり高齢だった点(若手に引き継いでるのかは知らない)
2.共同研究のアメリカの大学からの音沙汰がない点(止めたのか、特許がらみで潜ったのか?)



関連エントリー
CTスキャンの被曝量、想定より多かった? 胸部レントゲン写真309枚に匹敵
噛み傷から「悪性の癌」が感染? タスマニアデビルを絶滅危惧種へ(グロ注意)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ねむいよ!ななしさん
3割打てれば名打者ですよ

名無し隊員さん
悪いけどこれ1人乗りなんだ

ジャギ様
 免疫力や再生力が最適の状態で発現するための、環境や段取りが
医療の現場で煮詰まっていない気がする。
 去年、2ヶ月ほど首の手術で入院していたが、老人やせん妄状態の
患者が多くて悲惨だったわ。(手術しても自分で尿管引っこ抜いて血
まみれになったり、ベットから落ちて再手術受けたりで。)

 個人的には冬眠医療の研究を進捗させて、心身の安静がムリな患者
を強制的に完全安静状態に導入して、免疫治療や再生医療の治験を
測るべきではないかと思う。
 冬眠する動物は、冬眠中筋力は殆ど衰えず、神経細胞や骨細胞、
心筋細胞の再生は進み、一般的に寿命も長い。
 一部の癌細胞には兵糧攻めによる縮小も期待できる。

 手術、化学療法、放射線治療、免疫療法をしても現在の安静入院は
施術後の、患者の自然治癒にむけた標準化状態が達成されていない
ため、心身への負担の大きい治療法ほど個人差も大きく治験の効果に
疑問符がつくのもこのためと考えられる。
 国民医療の「集中と選択を」を誤ると、止め処も無い医療費の増大と
医療従事者と患者の負担が増大し、医療全体の不信感にもつながる。
 夢の「治療カプセル」実現のためにも、慎重に議論すべきと思われる。

名無し隊員さん
高いけど副作用無し癌の跡形も無しで治療できる粒子線治療ってのがあるって聞いた。流動性のある癌には効果無いけど動かない癌ならまず治るとか。ただ体質とか個人差があって治療受けられない人もいるとか。
さらに先に50年ぐらい前から国の方針で研究が始まった、リーズナブルである意味究極の、ただの水で癌どころかほとんどの病気を治すとかいうのがあるらしい。手術の跡も消せたり万能薬みたいな夢のような技術がすでに開発されているらしい。
神の手を持つといわれる心臓外科手術のお医者さんが自分の娘が心臓病になり、手術は自分が執刀して当然成功したけど若い娘に大きな傷を残してしまった。自分は治すばかりだったが今回のことで医療の限界を感じた、病気にならせない方がいいって落胆したそうな。でもあるときある医者に娘さんのその傷消してあげましょうかと言われてんなばかなっておもしろかったなけど結果傷跡は消えた。副作用も痛みも無しで跡形が無くなったとか。


又聞きの又聞きで胡散臭いけど本当だったらいいのに

名無し隊員さん
どの癌にも効果あんの?
たとえば、血液の癌、白血病とかも?

というか、
>症状が進行し他の治療が難しい患者に樹状細胞療法を実施。10代から70代の男女30人に施した結果、10人程度にがんの縮小や進行を抑えるなどの効果が見られた。

10代の患者もいるのかよ・・ いや、いるんだろうけどさ。
他の治療が難しい段階って・・・。
この世には、神も仏もあったもんじゃないな。

名無し隊員さん
癌も生活習慣が原因なこと多いから再発したって人は癌になる生活習慣だからまたなるのは当たり前とか言ってる人いたな。今の行動や習慣が数年後や数十年後に影響するとか。癌家系は人体を形作る食生活が代々同じようなのだから癌家系なんだとか。自己治癒力を高めるのとストレスを減らすといいとかなんとか
簡単な理屈だとそうなんだろうかもしれないけど年取るとあらゆるものが劣っていくから仕方がない気がする

名無し隊員さん
12864
若いと癌は、すっごい速さで分裂するから…

名無し隊員さん
粒子線治療は癌を無かったことに出来る治療らしい。影もカタチもなく最初から無かったんや状態にできるとか。痛みもなく副作用も無いが、全ての人、全ての癌を治療出来るわけではない。しかも特殊な施設でしか出来ないために治療費が数百万円以上かかるとか。命の値段としては安い…のか?だから更にその先の技術があるのかもしれないが…
粒子線治療施設は兵庫をかわきりに鹿児島や神奈川で稼働中で、今年福島が稼働するとか。治療可能場所は数えるほどしかないらしい。

名無し隊員さん
>>12866
結構身近な40代の人が癌が見つかってから3ヵ月でみるみる進行して亡くなったよ。あまりにも早すぎて手の施しようがなかった

名無し隊員さん
まだ若いのに本当にあっという間だった。
10代なら更にやばいだろうな

千葉の稲毛にある重粒子線のセンターの治療とは違うのか?
行ったことがあるけれど。

名無し隊員さん
俺のカーチャンも40代の時にガンにかかって死んだ。
ほんと一年ももたなかったね。早かった。

この研究がさらなる発展することを祈ってる

非公開コメント